カードより現金で支払おう

近年敷居が低くなった借金

連帯保証人や担保が必要無い借金業者が増えてきたため、近年は借金の敷居が低くなったなと実感をしています。
最近は借金の事をカードローンやキャッシング、といったカタカナで呼ぶようになりどこかスタイリッシュであり近代的、またポップな印象すらする、と好感を持ちやすくなっています。
名称も借金をしやすくなる切っ掛けだと思いますね。
保証人や担保が不要、というのは借金をしたい人にとって嬉しい事なのではないでしょうか。
保証人や担保の用意は面倒、トラブルになりそう、と弊害がつきものですが、今はフリーキャッシングならば免許証一枚で契約ができる時代です。
免許証が無くともパスポートなどで代用ができますし、時代はどんどん便利になっています。
アコム、借り方のコツ / 本人確認の方法

多額の借金があり返済をしています

私には多額の借金があります。
借金を作った切っ掛けですがまずは旅行に行きたくて旅費を借り入れ、その後、本、食べ物、外食、洋服、パジャマ、インテリア用品、パソコン、といった品物を買い続けていたらいつの間にか多額の借金になっていました。
最初借入れた旅費は8万円だったのですが、その後も借り続けていたせいで多額にまで膨らんでしまいました。
毎月の借金返済額は4万円です。
人によってははした金かもしれませんが、毎月4万円も返済をする、というのは結構辛いです。
ブルーになっていても仕方がありませんので頑張って返済をしています。
返済を続けていると、少しずつですが借金総額が減っていくのが嬉しいですし、やる気になりますよね。

百害あって一利なし

一般にはカードの月ごとの限度額が自身が通常使用するよりもゆるめにしているとユーザーは余裕だと勘違いしてむやみにクレジットカードを利用してしまったりするものですね。

 

そのようなクレカ使用の危険を軽減するためにカードの限界額をあらかじめ低レベルに決めておこう・・・という提案が以下の文章の主旨となります。

 

利用限度額を引き下げる手順◎使っているカードの月ごとの限度額を下げておく手順は月ごとの限度額を増やすこととともに、手軽です。

 

お手元のカードの背面に載っている専用窓口に問い合わせて「利用限度額をもっと低くしたいんですが・・・」とセンターの人には言うだけです。

 

通常はすでにある限度額に比べて下であれば、特別な審査なしですぐに限度額のコントロールができます。
カードの限度額を減らしておくのは被害に遭わないようにすることにも結びつく…クレジットカードの利用限度額引き下げは自分をセーブできる等の益だけでなくセキュリティにもなります。
もし、あなたのクレカが誰かの手に渡り勝手に使用されてしまった問題が発生しても、事前にカードの利用限度額を低めに設定していれば害を最小限にとどめることも可能だからなのです。

 

ここで言っておきたいのはもしクレカが偽造されたことがあった場合でもユーザーに過失と思えるものがなければ盗難保険として知られている機能が使用者を守ってくれるので不安になることはないのですけれど1%の可能性のことを考え普段必要ないような利用限度額は少なくしておくと良いでしょう。
使うことのない金額は百害あって一利なし・・・なんです。

借金の時効について

借金に時効があるのかないのか、ずばり時効はあります。しかし状況もあります。貸主が請求せず借主も返済しない
という時期が一定期間すぎると時効は成立するというかんじです。キャッシングとかの金融機関の場合時効は5年。
貸主が個人の場合は10年といったかんじですが、まず消費者金融がまったく請求しないということはありえない
ので基本的には考えられません。個人同士の貸し借りになると、10年の時効が法的に適応となりますので、こういった
ケースは多いかもしれませんね。知っておいても損はないですが、キャッシングしてるけど返済ずっとしなければ
払わなくてもよくなるのかなと少しでも思ってる人はアウト。利息がふくれあがって大変なことになっているはず
です。今すぐに自分の返済状況を確認して、少しづつでも支払をしていきましょう。無理そうならまず相談から!

早めに返済してしまいたい借金

私が抱えている借金は、大学時代に借り入れした奨学金です。総額で300万円程となっており、返済を終える頃には40歳を超えている年齢となっています。ということは20年以上も返済を続けることになりますので、非常に先の長い話になります。

今後も長く支払いを続けるのは、何かあった時に非常に邪魔な存在となります。ですから少しでも早く返済したいと思ってはいますが、現状の生活レベルではこれ以上より多く返済に充てるのが難しいです。

ですから本業以外にも仕事した方が良いと考えています。本業の後や休日などの時間を使用し、少しでも返済に充てるお金を稼ぐことができれば、これから先を見ると自分を助けることになるため、頑張りたいと思っています。
モビット : 借り方のコツ - 本人確認の方法
オリックス銀行カードローン : 借り方のコツ / 本人確認の方法